獣医学本・書籍・ビデオ・雑誌・DVD・洋書 インターズーオンライン

会社案内ご利用規約FAQお問い合わせサイトマップ

interzoo Online

clear

clear

ログインID パスワード ログイン   商品点数: 0 点 | 小計: ¥0 カートを見る はじめての方へ パスワードを忘れた方

ホーム » 書籍 » サンダース ベテリナリークリニクス

サンダース ベテリナリークリニクス

サンダース ベテリナリー クリニクスシリーズ
Vol.5-4 犬と猫の内視鏡
-診断・治療への活用-

Endoscopy
《00001128》

サンダースVC Vol.5-4 犬と猫の内視鏡

目次を見る

立ち読みをする

販売価格 11,880円(税込)
ポイント (還元) ※会員のみ購入後に付与
カートに入れる MYクリップに入れる

診療における内視鏡検査の可能性と応用法の最新情報を提供


 獣医療における内視鏡使用の広がりを見据えて、内視鏡を使うことによる低侵襲性をさらに軽減するための器具・手技を紹介し、獣医師が内視鏡検査 / 内視鏡手術を診療に取り入れる際の判断に役立つ記事が満載。

序文
ManyAnn G. Radlinsky, DVM, MS
Department of Small Animal Medicine and Surgery
College of Veterinary Medicine
University of Georgia
ゲストエディター

 診療法の進歩に対する伴侶動物所有者の意識は高まりつつあり,所有する伴侶動物にも同じような診療が求められるようになっている。内視鏡検査は診断ツールとして獣医学領域に導入されたが,ここ数年でその用途における限界は打破されてきた。獣医学における内視鏡検査は,生体の自然開口部を通して視認することから始まった。「内視鏡でみる」ことにほかならないものの,時間を置かず体腔などの部位へ挿入されるようになっている。現在では,数多くの治療的技術が十分に確立するところまできており,一定の症状に対する標準治療とされる手法もあれば,「研究途上」にあるものもある。内視鏡検査の前途は控え目にみても明るいといえよう。本書では手技の低侵襲性を取り上げるが,これにより患者にとって迅速な回復と入院期間の短縮という利点が得られるようになっている。このような手技の開発は内科医によって進められたものだが,現在,動物用に特化して非常に大型の患者から最も小型の患者まで対応機器の提供が増えつつある。
 本書では診療における内視鏡検査の可能性と応用を概説したい。将来の獣医内視鏡医にとって手技に対する熱意を育む良い機会となるだろう。習熟には時間を要するかもしれないが,研修センターも数多くあり,これを活用することで低侵襲的な診断治療への道を歩み出せるはずである! 継続教育に参加して実地訓練などで経験を積めばよい。治療方針の実践と活用を進めてゆけば,内視鏡検査に必要とされる確実な技能が磨かれる。まずは診断法から始め,徐々に治療技術へ広げていくことで,今後の発展の確固たる基盤となるであろう。低侵襲的手技を習得する際,制限時間を設けることで,その方法に何度も接することができる。設定した制限時間内に施術が大きく進歩していれば,内視鏡手技が習得できたことになる。そうでなければ切開アプローチへ切り替える。一つひとつの手技から学んでいくことが必要である。何が成否を分けたのか,どうすれば手技を高められるのか,ここを変えればアプローチがいきてくるだろう,と絶えず検討していくことで,進歩を続ける内視鏡検査の世界に迎え入れられることだろう!

監訳者のことば
金山喜一(日本大学 教 授)
鯉江 洋(日本大学 准教授)
 本書は,小動物臨床における内視鏡に関する初歩(内視鏡の構造と用途)から,施術に必要な麻酔法,内視鏡検査法,内視鏡を用いた診断の要点,高度な内視鏡下手術にいたるまで丁寧に記述・解説がなされており,「小動物における内視鏡の利用と応用の実際」に関して,現時点で得られる知見・情報を余すところなく網羅した11編の総説論文から構成されている。
 内視鏡を用いた検査や手術は動物に対する侵襲が少なく,入院期間も短縮できることは大きなメリットである。こうした利点から医療機器としての内視鏡の改良が進むにつれて,小動物臨床における検査・採材・手術にますます応用されてゆくであろう。
 本書は,ゲストエディターであるDr. ManyAnn G. Radlinskyの尽力のもと,11名の専門医有資格者を含む小動物の各種内視鏡手技に精通している14名の獣医師によって執筆・編纂されている。デリケートで複雑なフレキシブル内視鏡の構造も平易に解説されており,さらに各執筆者が専門としている内視鏡を用いた各種の検査・採材・手術の実際が詳細,かつ明快に記述されている。
 我が国において小動物臨床に実績を積んで来られ,すでに内視鏡を導入されている先生方にも,本書は大きな手応えを感じていただけるものと思われる。なぜならば,小動物臨床における先進国である欧米の内視鏡手技に関する最新の知見と情報が満載されているからである。また,主にプライマリーケアを担当されている先生方には,内視鏡を用いた検査・採材・手術の概要を把握していただく専門参考書として広くご活用いただけるであろう。さらに,獣医学科に学んでいる学生諸君にとっても,消化器系,呼吸器系,泌尿器系,耳鼻咽喉系はもとより,内科診断学,臨床病理学,そして病態生理学などの参考書として十分に活用できるよう,難解な専門用語は平易な表現に置き換えた箇所が随所に見受けられることは,お分かりいただけると思う。細心の注意を払っているものの,訳者・監訳者の浅学菲才から訳出に不備・不都合の部分が存在することも予想される。読者の皆様のご叱正をお願いしたい。日々,診療に携わっている小動物臨床の専門家から獣医学科の学生に至るまで本書を十分にご活用いただき,日本の小動物臨床のレベルアップを推進させる起動力の一助として下されば,訳者,監訳者として望外の幸いである。

本書の一部をご試読いただけます。表紙画像下の「立読みをする」ボタンをクリックしてご覧ください。

《iPad・iPhoneをご利用の方へ》
閲覧するためには専用ビューアー「ActiBook]のダウンロードが
必要です。
iPad・iPhoneからアクセス後、【立読みをする】をクリックし、
案内に従ってダウンロードを完了してください。
以降立読み、およびインターズーライブラリーでの
ご利用が可能になります。

著:MaryAnn G. Radlinsky
監訳:金山喜一(日本大学生物資源科学部教授)
    鯉江 洋(日本大学生物資源科学部准教授)
出版:インターズー
サイズ:B5版 上製本 約160頁
発行年月日:2010年12月15日
ISBN:978-4-89995-583-2

関連商品

サンダースVC Vol.5-1 犬と猫の尿石症の診断と治療法―知っておきたい最新情報―

 

サンダースVC Vol.5-3 犬と猫の最新画像診断

サンダースVC Vol.5-1 犬と猫の尿石症の診断と治療法―知っておきたい最新情報―

VETERINARY CLINICS Vol.5シリーズ、満を持して登場!

11,880円
  サンダースVC Vol.5-3 犬と猫の最新画像診断

急速に進歩するデジタル時代の画像診断法に対応するために

11,880円

今までにチェックした商品

サンダースVC Vol.5-4 犬と猫の内視鏡

サンダースVC Vol.5-4 犬と猫の内視鏡 診療における内視鏡検査の可能性と応用法の最新情報を提供 11,880円

ランキング

CLINIC NOTE BOOKS 3ステップで考える犬と猫の神経疾患の診断アプローチ

CLINIC NOTE BOOKS 3ステップで考える犬と猫の神経疾患の診断アプローチ 「とりあえずMRI」に終止符を!最短でゴールにたどり着くアプローチが身につく! 14,040円

as BOOKS 今さら聞けない!?動物医療の基礎知識

as BOOKS 今さら聞けない!?動物医療の基礎知識 動物看護専門誌asにて15年間好評の連載「今さら聞けないシリーズ」、待望の書籍化第1弾! 8,640円

SA Medicine BOOKS 犬と猫の治療ガイド2015 私はこうしている

SA Medicine BOOKS 犬と猫の治療ガイド2015 私はこうしている 小動物診療の新しい座右の書 45,360円

基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.1

基礎から学ぶ小動物の歯科診療 Vol.1 ようこそ!!小動物歯科のスタンダードプラクティスへ 9,180円

AO法による犬と猫の骨折治療 ―基本原則から実践的手技まで―

AO法による犬と猫の骨折治療 ―基本原則から実践的手技まで― 世界中の定番! 獣医師のための骨折治療リファレンス+マニュアル!! 34,020円

ランキング一覧へ