獣医学本・書籍・ビデオ・雑誌・DVD・洋書 インターズーオンライン

会社案内ご利用規約FAQお問い合わせサイトマップ

interzoo Online

clear

clear

ログインID パスワード ログイン   商品点数: 0 点 | 小計: ¥0 カートを見る はじめての方へ パスワードを忘れた方

カテゴリー

ホーム ≫ 新刊のご案内

Veterinary Circulation 今後の企画のご紹介


特集:心タンポナーデ ~自信をもって診断・鑑別・治療するために~  監修:町田 登(東京農工大学)

17号では,心タンポナーデの臨床対応について特集します。

混同されがちな「心膜液貯留」と「心タンポナーデ」の違いを再認識しつつ,心タンポナーデの正しい診断の下し方,

救急処置の手技,その後の原因疾患のコントロール法を解説します。臨床現場の流れに沿った,実用的な特集です。

1.定義と病態生理
井坂光宏(酪農学園大学)
2.「心タンポナーデ」の診断
中村健介(北海道大学)
3.エマージェンシー処置
末松正弘(AMC末松どうぶつ病院)
4.原因疾患の診断と治療
①左房破裂
岩永孝治(東京動物心臓病センター)
②心膜炎
深井有美子(東京動物心臓病センター)
③心臓腫瘍
戸島篤史(日本小動物医療センター)
新連載!!はじめての心エコー MR評価への道(仮) 著 田口大介(グリーン動物病院)

 装置のボタン操作から,MR(僧帽弁逆流)の診断・病態評価まで,

 心エコー検査のテクニックが楽しく学べる連載です!


特集:チアノーゼ  監修:佐藤貴紀(白金高輪動物病院/中央アニマルクリニック)

チアノーゼは重症を表す症状である場合が多く,初期対応はもちろん,その後の鑑別診断と治療管理が重要になります。

ところがチアノーゼの原因は,本誌が対象とする循環器疾患に限りません。

そこで18号では,呼吸器科と血液病科の先生にも執筆陣に加わっていただき,現場で総合的な対応がとれるような特集をお届けします。

1.チアノーゼのメカニズムと分類
手島健次(日本大学)
2.鑑別診断
中村篤史(TRVA夜間救急動物医療センター)
3.心原性チアノーゼ
水野壮司(JASMINEどうぶつ循環器病センター)
4.呼吸原性チアノーゼ
米澤 覚(アトム動物病院・動物呼吸器病センター)
5.血液原性チアノーゼ
田村恭一(日本獣医生命科学大学)

特集:急性心不全時の静注強心薬~シチュエーション別の使用法~ 監修:田中 綾(東京農工大学)

19号は静注強心薬の特集です。臨床現場では,急性心不全を起こして病院に救急搬送されたり,検査の最中に急性心不全に陥ったり,

さまざまなシチュエーションで静注強心薬が使用されますが,

迅速に治療を成功させるためには,病態と治療全般に関する知識,さらにそれらの応用力も必要です。

この特集で,静注強心薬と急性心不全治療の極め人になりましょう。

1.急性心不全の病態
井坂光宏(酪農学園大学)
2.静注強心薬の薬理
折戸謙介(麻布大学)
3.循環器内科に搬送されてきた!または診療中に!
望月庸平(日本獣医生命科学大学)
4.全身麻酔の最中に!
佐野洋樹(Massey University)
5.心臓外科のオペ中に!
未定

特集:ホルター心電図 ~疑問解決!今日から選択肢の一つに加えよう~ 監修:未定

ときどき失神を起こす症例で,ホルター心電図検査が必要になった場合。

検査はどこに発注するのか,心電計を借りてはみたが装着のしかたがわからない,心電図は記録できたけれどこんなのどうやって読むの!?など,

ホルター心電図検査には実行をためらいたくなる疑問点が多くあります。ここで一気に解決です!

詳細はただいまじっくり構成中