獣医学本・書籍・ビデオ・雑誌・DVD・洋書 インターズーオンライン

会社案内ご利用規約FAQお問い合わせサイトマップ

interzoo Online

clear

clear

ログインID パスワード ログイン   商品点数: 0 点 | 小計: ¥0 カートを見る はじめての方へ パスワードを忘れた方

カテゴリー

ホーム ≫ 新刊のご案内

犬と猫の治療薬ガイド2017


(1)圧倒的な情報量
人体薬、同効薬、動物薬、国内未発売薬を約1900掲載。
知りたい薬剤をすばやく探せるように51の薬効別に分類。
(2)見やすいレイアウト
一番知りたい用量・用法を目立つように赤く大きな文字で記載。
動物薬、人体薬、主な同効薬、国内未発売薬がすぐ分かるように色分けしていますので、それぞれが同じ効能の場合、薬剤を選択する際の目安になります。
(3)臨床情報が充実
Noticeには、副作用、禁忌をはじめ、薬物相互作用、作用機序、臨床応用など現時点で把握している情報を記載。
使用例は、第一線の先生方が執筆された成書『犬と猫の治療ガイド2012/2015』の処方例を掲載ページ付きでピックアップ。薬剤を使用する際の目安になるだけではなく、参照する際に大変便利。
(4)薬剤の最新情報を記載
製品名、販売会社/製造会社の変更、販売中止/予定については、2016年3月末時点の情報を記載。
(5)有用な付表と付録をプラス
本文に記載できなかった臨床情報やノミ駆虫薬一覧、国内未発売製品一覧、プロトコールなどを10の付表として掲載。
最新のエキゾチックペットの薬用量を掲載しました(*)。
*小社発行『エキゾチック診療』 3号(Vol.2 No.2 2010)から10号(Vol.4 No.1 2012)まで連載した「現場で使えるエキゾの薬用量」のアップデート版です。
(6)薬剤50音順ポケット版でクイックアクセス
マスター版『犬と猫の治療薬ガイド2017』から「一般名」「薬剤名」「用量・用法」の項目を抽出し、「薬剤名」を50音順で掲載。
(7)自分専用の治療薬本がつくれる
マスター版と同様に動物薬、人体薬、主な同効薬、国内未発売薬がすぐ分かるように色分け。
薬価や投与の際の注意点などを書きこめるように薬剤ごとにメモ欄を設けました。
編集、編集協力
[編集]
大草 潔(大草動物病院 院長)
折戸謙介(麻布大学獣医学部獣医学科生理学第二研究室 教授)

[編集協力]
小山秀一(日本獣医生命科学大学獣医内科学研究室 教授)
 骨・カルシウム代謝薬、抗血栓薬、抗不整脈薬、血管拡張薬、心不全治療薬、利尿薬、気管支拡張薬、気管支喘息治療薬、呼吸障害改善薬
兼島 孝(みずほ台動物病院/琉球動物医療センター 院長)
 抗菌薬、抗ウイルス薬、抗真菌薬、抗寄生虫薬、鎮痛薬、筋弛緩薬
山下和人(酪農学園大学獣医麻酔学 教授)
 麻薬および類似薬、麻酔薬
瀬戸口明日香(ベイサイド アニマル・クリニック)
 抗悪性腫瘍薬

[付録 エキゾチックペットの薬用量 執筆者]
田向健一(田園調布動物病院 院長)
小嶋篤史(鳥と小動物の病院「リトル☆バード」 院長)
特設動画公開中
 本書の、特長,使い方,魅力などを、編集に携われた大草潔先生より直接ご紹介していただいております。
 詳しい内容は動画をご覧ください。

 

 別ウィンドウで再生する場合はこちらから!