SA Medicine 114号(2018年4月号) 特集「一目でわかる症候シリーズ」Vol.20『発熱①』

更新

インターズー オフィシャルサイト wrote

SA Medicine 114号の掲載記事中、以下の記述に誤りがございましたので訂正させていただきます。

読者の皆様および関係者の方々に多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを,謹んでお詫び申し上げます。

掲載日:2018年5月16日

ページ記事タイトル該当箇所
P37 猫白血病ウイルス(FeLV)感染症 X線検査の説明文 上から6行目

・腎臓,眼,脊髄のリンパ腫も比較的多く発生するが,消化器型リンパ腫の発生には関与していない

・腎臓,眼,脊髄のリンパ腫も比較的多く発生する

・消化器型リンパ腫では,低悪性度リンパ腫と大顆粒リンパ球性リンパ腫の発生にはFeLV感染は関与していないと考えられているが,高悪性度リンパ腫の発生への関与については議論中である