臨床動物看護学各論

インターズー オフィシャルサイト wrote

『動物看護学教育標準カリキュラム準拠 専門分野 臨床動物看護学各論』の掲載記事中、以下の記述に誤りがございましたので訂正させていただきます。

読者の皆様および関係者の方々に多大なるご迷惑をおかけいたしましたこと、謹んでお詫び申し上げます。

ページ記事タイトル該当箇所
p.5 第1章 呼吸機能障害をもつ動物の看護 左段下から1行目

毛細血管から肺胞内への水分の移動が生じ、肺水腫が引き起こされる。

血管外への水分の移動が生じ、腹水や胸水が引き起こされる。

p.5 第1章 呼吸機能障害をもつ動物の看護 「3.呼吸機能障害を引き起こす病理学的変化」の右段上から1-2行目

左心系の場合に、肺静脈圧および左心房圧が亢進することで同様の結果を招くことになる。

左心系の場合に、肺静脈圧および左心房圧が亢進し、肺性血管から液体成分が移動することで肺水腫が引き起こされる。