CLINIC NOTE No.83 2012 Jun “いまさら”ではない犬の犬糸状虫症~駆虫メカニズムと治療法アップデート

更新

インターズー オフィシャルサイト wrote

『CLINIC NOTE』83号(2012年6月号)の掲載記事中,以下の記述に誤りがございましたので訂正させていただきます。
読者の皆様および関係者の方々に多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを,謹んでお詫び申し上げます。

ページ記事タイトル該当箇所
p27 “いまさら”ではない犬の犬糸状虫症 ~駆虫メカニズムと治療法アップデート~ 表2 第91日

犬糸状虫予防薬の投与
第3回目メラルソミン投与(2.5 mg/kg IM)
◆ プレドニゾロンの処方
第1週;0.5 mg/kg BID
第2週;0.5 mg/kg SID
第3~4週;0.5 mg/kg EOD
最終的なメラルソミン投与から6~8週間は運動制限を継続

第3回目メラルソミン投与(2.5 mg/kg IM)
◆ プレドニゾロンの処方
第1週;0.5 mg/kg BID
第2週;0.5 mg/kg SID
第3~4週;0.5 mg/kg EOD
最終的なメラルソミン投与から6~8週間は運動制限を継続
※「犬糸状虫予防薬の投与」を削除