採用インタビュー 営業部

架け橋となり 動物を救う、そんな仕事です

入社のきっかけ

自分がどのような仕事に就きたいのかと考えたとき、漠然と「動物の役に立てるような仕事」に就きたいと思いました。
具体的にどのような仕事があるのかわからず、学校の就職支援センターに相談し、インターズーの求人を見つけました。
直接、わんちゃんや猫ちゃんを触れるような仕事ではないですが、獣医学書や専門書をプロに販売することで、「動物を助ける」「動物を綺麗にする」そして、飼い主様を幸せにする。
その為の架け橋としてサポートできるのではないかと入社を決めました。

仕事内容について

全国の獣医大学や動物系専門学校への教科書販売の営業活動が中心です。
また、動物病院様へお伺いしている動物薬卸業者様への、当社商品勉強会の企画営業も行っています。

活動はシーズンにより異なります。
特に、冬の時期は各学校様の教科書採用を検討を行う時期です。
その為、全国100以上の専門学校や獣医系・動物看護系の大学の担当者様に教科書のご提案をさせて頂いています。
全国各地の美味しいものを食べられるのも営業の醍醐味ですね。

また、学校営業が落ち着いている時期には動物病院様の営業をサポートをしています。
メインで行う営業担当もいるので、販促物の制作フォローや近場の動物薬卸業者様で勉強会を行ったりしています。

担当するのはインターズーで取り扱っている300以上の全商品です。
どのシーンでどう使ってもらうのかを知っておかなければいけないので、幅広い知識が必要となります。
入社当初はわからない事ばかりで、専門用語や本それぞれの特徴など、必死に勉強していました。

スキルアップするにつれ自ら提案をする事がどんどんできるようになり、提案した書籍が導入された後、「あれ良かったよ」と喜んでいただけるのがとても嬉しいです。

また、性格的に明るく楽しいことが好きなので、社員が楽しく働ける環境作りにも力を入れています。
出版社という仕事は制作・編集側と営業が円滑にコミュニケーションを取れることが大切ですよね。
今後は営業の仕事だけではなく、社長室の業務も幅広く行っていき、自分としてももっと成長していきたいです。

ある一日の流れ

9:30 出勤
外出ができるよう、準備や事務処理を行います
10:30 外出
アポイントをとっている学校へ移動します
11:30 営業
学校へ伺い、教科書の提案や、学生限定キャンペーンの提案を行います
13:00 休憩
様々な場所でお店を選び美味しいランチを楽しみます
14:30 営業
動物薬卸売業者様へ訪問し、当社商品の勉強会を行います
16:00 帰社
営業先から戻り、業務報告書を整理
17:00 事務作業
次の訪問先のアポイントを取ったり、翌日以降の営業活動の準備を行います
19:00 退社

営業職のポイント

自分の短い営業マンとしての体験ではありますが、お客様の動きを良くみて 最適な提案ができるよう務めています。
特にお客様が何を求めているのか、何が不足して困っているのか。
そのことって、お客様自身も気づいていない場合が多いんですよね。
そこを、数多くの書籍や情報を基に、ヒアリングを重ねて提案して頂く。
それで、「とっても使えたよ」「役に立ったよ」そういってもらえると非常に嬉しいですね。

また、課長職についてからは、お客様だけでなく、会社の中の事もよく見るようになりました。
営業に関しては、会社全体でどうやって売っているのか、他社にはなくてインターズーにはあるもの、逆に他社のほうが優れているもの。今後どのようのな商品が求められているのか。
多方面から捉える事ができるよう意識するようにしています。

とは言え、まだまだ勉強することはいっぱいなので、今後の自身の課題としては、社員のみんながが少しでも楽しくイキイキと働けるように営業としての組織システムを構築していきたいです。

どんな人に向いていますか

「本を読むのが好きな人」「動物が好きな人」「人と関わるのが好きな人」
これに当てはまる人は向いていると思います。
あとは、自ら行動する事ができる人。
私たち営業は自社製品の事を良く知り、お客様の事も良く知る必要があります。
自ら考え、企画し、行動に移す事が大切だと思います。
興味のある人は是非一緒に働きましょう!