SA Medicine 82号(2012年12月号) 特集「診断シリーズ -疾患からみた検査の考え方- Vol.6『神経および筋疾患』」

更新

インターズー オフィシャルサイト wrote

■『血液検査・尿検査』枝村一弥先生 著
1.松木直章 訳.第4章 基本的な臨床検査.In: 長谷川大輔 監訳.図解 小動物神経病学,インターズー,東京,2011.
2.長谷川大輔 訳.第9章 神経疾患に罹患した動物における診断的検査の選択.In: 徳力幹彦 監訳.Dr. Bagleyのイヌとネコの臨床神経病学,ファームプレス,東京,2008.
3.Lorenz, M.D., Coates, J.R., Kent, M.: Handbook of Veterinary Neurology. 5th ed, Elsevier, St. Louis, 2011.
4.友田勇 訳.臨床診断ガイド-小動物疾患の臨床検査プロフィール-第2版,学窓社,1997.
5.Taylor, S.M.: Chapter 64. Diagnostic tests for the neuromuscular system. In: Nelson, R.W. and Couto, C.G. edis. Small animal internal medicine. 4th ed, Mosby Elsevier, St. Louis, 2009.
6.桃井康行.どうぶつ病院 臨床検査,ファームプレス,東京,2009.
7.稲田七郎,戸尾祺明彦 監訳.犬の神経病,医師薬出版株式会社.東京.1983.
8.Wamsley, H., Alleman, A.R.: Chapter 3. Clinical pathology. In: Platt,S.R., Olby, N.J. eds.: BSAVA Manual of canine and feline neurology 3rd ed, British Small Animal Veterinary Association, Gloucester, 2004.

■『微生物学的検査・免疫学的検査・遺伝子検査・特殊検査』枝村一弥先生 著
1.長谷川大輔 監訳.図解 小動物神経病学,インターズー,東京,2011.
2.徳力幹彦 監訳.Dr. Bagleyのイヌとネコの臨床神経病学,ファームプレス,東京,2008.
3.Lorenz, M.D., Coates, J.R., Kent, M.: Handbook of Veterinary Neurology. 5th ed, Elsevier, St. Louis, 2011.
4.Platt,S. R., Olby, N. J. eds. BSAVA Manual of canine and feline neurology 3rd ed. British Small Animal Veterinary Association. Gloucester. 2004.
5.中本哲也.感染性疾患:感染性脳炎,Companion Animal Practice,8:57-74,2009.
6.IDEXX Laboratory Services社の検査サービス要綱.
7.株式会社モノリス 検査案内2012.
8.マルピー・ライフテック株式会社 検査案内2012.
9.三菱化学メディエンス株式会社 動物検査案内 第3版.
10.桃井康行.どうぶつ病院 臨床検査,ファームプレス,東京,2009.
11.友田勇 訳.臨床診断ガイド-小動物疾患の臨床検査プロフィール-第2版,学窓社,1997.
12.西田英高,田中宏,北村雅彦,栗山麻奈美,越智すなお,松本有紀,中垣佳浩,鈴木義久,井出千束,中山正成.リン酸化ニューロフィラメントH鎖による脊髄損傷の重症度の評価,第37回獣医神経病学会抄録集,p33,2011.
13.三宅ひづる,井上亜希子,玉原智史,松木直章.パグ脳炎特異的マーカーとしても血中GFAPの有用性,第38回獣医神経病学会抄録集,p49,2012.
14.真下忠久,中西中,原崎祐介,赤木洋祐,小沢剛,植村隆司,中本裕也,島村俊介,前田貞俊,神志那弘明,宇塚雄次,安田準.急性脊髄損傷におけるT2WI高信号強度と血清Neurofilament heavy-chainの利用に関する検討,第37回獣医神経病学会抄録集,p50-52,2011.
15.真下忠久,佐藤泰紀,島村俊介,小沢剛,中本裕也,植村隆司,神志那弘明,小林沙織,片山泰章,宇塚雄次,佐藤れえ子,前田貞俊,安田準.犬の進行性脊髄軟化症としての血液中Glial Fibrillary Acidic Protein(GFAP)の有用性,第154回日本獣医学会学術集会講演要旨集,p318,2012.
16.Spodnick, G.J., Berg, J., Moore, F.M., Cotter, S.M.: Spinal lymphoma in cats: 21cases (1976-1989), J. Am. Vet. Med. Assoc., 200(3):373-376.
17.稲田七郎,戸尾祺明彦 監訳.犬の神経病,医師薬出版株式会社,東京,1983.
18.Nelson, R.W. and Couto, C.G. edis.: Small animal internal medicine. 4th ed, Mosby Elsevier, St. Louis, 2009.

■『脳脊髄液検査』貞廣茂夫先生,相川武先生 著
1.獣医神経病学会 脳脊髄液検査のガイドライン Ver.1
2.日本臨床衛生検査技師会髄液検査法編集ワーキンググループ:「髄液検査法2002」,(社)日本臨床衛生検査技師会,2002
3.齋藤弥代子.脳脊髄液検査 ①採取方法,InfoVets,10(11):4-8,2007.
4.齋藤弥代子.脳脊髄液検査 ②一般検査と解釈,InfoVets,10(11):8-12,2007.
5.枝村一弥.脳脊髄液検査の特殊項目と解釈,InfoVets,10(11):13-21,2007.
6.Nelson, R.W., Couto, C.G.: Small Animal Interna1 Medicine, Mosby, St Louis, 1998.
7.Dewey, C. ed.: A pratical gaide to canine and feline neurology, lowa state press, 2003.
8.Nicholas, J.H. Sharp, Saimon, J. Wheeler: Small Animal Spinal Disorders diagnosis and Surgery.
9.徳力幹彦 監訳.Dr. Bagleyのイヌとネコの臨床神経病,ファームプレス,東京,2008.
10.Toda, Y., Matsuki, N., Shibuya, M., Fujioka, I., Tamahara, S., and Ono, K.: Glial fibrillary acidic protein (GFAP) and anti-GFAP autoantibody in canine necrotizing meningoencephalitis,Vet. Rec., 161: 261-264, 2007.
11.杢野謙次,廣瀬善清,祖父江元,加藤兼房.神経疾患マーカーとしての髄液中NSE とS-100 蛋白質,最新医学,52(2):141-147,1977.
12.原康,多川政弘,藤田道郎,織間博光.健常ビーグル犬における神経特異的エノラーゼ(Neuron Specific Enolase: NSE)の臓器別分布と犬の神経疾患における脳脊髄液中NSEの測定の診断意義,獣医神経病,5:3-14,1998.