犬の僧帽弁閉鎖不全症と猫の心筋症編(2018年9月8日(土)~9月9日(日)開催)

インターズー オフィシャルサイト wrote

獣医循環器 確実な診断・治療のための臨床思考型セミナーシリーズ
犬の僧帽弁閉鎖不全症と猫の心筋症編 ~実症例から学ぶ!~

“犬の僧帽弁閉鎖不全症”と“猫の心筋症”の診断と治療における知識やコツを、受講者自身が臨床に沿った流れで、思考しながら学び、全体をイメージしたうえで実際の症例に望んでいただくことをコンセプトとしたセミナーになります。心臓の現時点での機能や病態に至るまでの、正確な所見と評価方法を把握できる臨床思考を養い、応用のきいた治療の選択ができるようになる講座となります。

こんな方にオススメ!
●臨床に活かせる「検査・評価・診断」を身に付けたい獣医師
●自信を持った治療法と治療効果の評価をしたい獣医師
●臨床現場で直面する疑問や検査時に起こり得る間違いを解消したい獣医師

日時

【1日目】
2018年9月8日(土)
13:30~19:30(受付開始13:00)
【2日目】
2018年9月9日(日)
10:30~17:00(受付開始10:00)

※2日間の受講が必要です。

開催場所

交通ビル

(東京都港区新橋五丁目15-5 交通ビルB1階)

テーマ

1日目:犬の僧帽弁閉鎖不全症の検査と治療
2日目:猫の心筋症の検査と治療
※プログラムは2日間とも共通

プレゼンター

青木 卓磨
麻布大学獣医学部学科外科学第一研究室 准教授

セミナー内容

【検査】
◆ 一般身体検査
・ 一次診療で見落としがちな身体検査所見、稟告のポイントについて
◆ 聴診
・ 実際の症例から、心雑音・呼吸器音などを聞き分けて、心雑音の有無を判定するコツを述べた後、この有無を判断できない場合の対処法について
◆ X 線検査
・ 心サイズ評価の落とし穴、心サイズの変遷および血管系の評価、咳の原因は呼吸器疾患か肺疾患かの鑑別について
◆ 血液検査、血圧検査、尿検査、ホルモン検査
・ 貧血や高血圧の血行動態への影響、ホルモン検査の意義について
◆ 心電図検査
・ 虚脱や失神の原因が不整脈か神経疾患かの鑑別について
・ 異常波形として現れない重要な疾患についての正しい解釈について
◆ 心エコー検査
・ 心エコー検査による診断、重症度などの評価法について
・ 治療方針に反映させる際の留意点について
◆ 検査まとめ
・ 各検査項目、除外診断、鑑別診断、確定診断、重症度分類

【治療】
◆ 治療スケジュール
・ 経過観察すべきか、積極的な治療介入すべきかの判断について
◆ 再診スケジュール(生活指導含めた)
・ 再診期間、生活や食事の指導について
◆ 各種心不全治療薬の特徴・使い方
・ 重症度に応じた薬剤の併用法の実際について
◆ 治療まとめ
・ 治療をフローチャートで解説

全体の質疑応答
※講習内容は変更になる場合がございます。

定員

先着50名
※定員に達し次第、受付終了とさせていただきます。

参加費用

2日間 32,000円(税別)
※2日間の受講が必要です。
※受講証の発送が別途650 円(税別)かかります。

お申込み方法

詳細情報・お申込みはインターズーオンラインをご覧ください。
https://interzoo.online/lp_seminar_20180908
※申込締切日:2018年9月3日(月)